ここから本文です

旧岡山ビブレ解体で“ぽっかり”空き地に 若者でにぎわいのスポットが様変わり

8/23(金) 8:01配信

山陽新聞デジタル

 岡山市役所筋東側の一角。オフィスビルなどが立ち並ぶ一等地に、広大な“空き地”が出現している。ぽっかりと浮かぶ空間からは、かつて多くの若者らでにぎわった様子は想像できない。

 大型商業施設・旧岡山ビブレ2棟(同市北区幸町)の跡地で、広さ計約7900平方メートル。他店との競争激化に伴い2014年5月に閉店し、昨春から解体工事が進んでいた。

 アパレルメーカーのストライプインターナショナルなど岡山市に本社を置く3社が共同で取得し、それぞれ物販やホテル、マンションといった複合施設を計画する。9月上旬には一部で工事が始まる予定。平成から令和に移り、岡山県都の風景も様変わりしつつある。

最終更新:8/23(金) 8:01
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事