ここから本文です

新日プロの真壁選手が山口大会をPR

8/23(金) 14:21配信

宇部日報

山口銘菓の「外郎」に舌鼓

 新日本プロレス所属の人気レスラー、真壁刀義選手が22日、山口市役所を訪れ、9月14日にやまぐちリフレッシュパーク(大内長野)で開かれる「Road to DESTRUCTION」山口大会をPRした。
 
 真壁選手は、トレードマークの8キロもある鉄の鎖を首に下げ「市長に会うから」とジャケット姿で来庁。「スイーツ真壁」の異名を持つ大の甘党の真壁選手は、用意された山口銘菓の「外郎」に舌鼓を打ち「あっさりしていて弾力が最高」と喜んでいた。
 
 渡辺純忠市長は「試合の前にはぜひ外郎を食べて。良い大会にしてもらえたら」と激励。真壁選手は「会場に来て大声を出してもらい、毎日のストレスを発散してほしい」と呼び掛けていた。
 
 大会は午後6時開始。飯伏幸太選手やオカダ・カズチカ選手、内藤哲也選手、棚橋弘至選手、ジェイ・ホワイト選手らが熱戦を繰り広げる。対戦カードは9月上旬に発表予定。

最終更新:8/23(金) 14:21
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事