ここから本文です

鳥取県米子市の男性がアームレスリング国際大会へ

8/23(金) 17:39配信

中海テレビ放送

鳥取県米子市の男性が山陰で初めてアームレスリングの国際大会に出場することが決まりました。

来月13日に中国・深センで開かれるアームレスリングの国際大会「D1チャイナオープンアームレスリング大会」に出場するのは鳥取県米子市の山口 維啓さんです。

国内での優勝経験などを評価され初めて、出場権を獲得しました。

山口さんは4年前に鳥取県境港市で開かれたアームレスリングの大会に初出場で初優勝したことがきっかけで本格的にトレーニングを始めました。
山口さんは普段トレーナーをしながら週に4日練習していて、アームレスリング道場では実戦練習を3時間、トレーニングを1時間、取り組んでいます。
トレーニングでは、50kgの重りを片手で持ち上げたりアームレスリングをするときに必要な筋力をつけるための練習をしていて腕まわりが4年前に比べ約10cm太くなったそうです。

山口維啓さんは国際大会で入賞することを目標にしています。

最終更新:8/23(金) 17:39
中海テレビ放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事