ここから本文です

【まとめ】大人が注目すべき新作バッグはこの3タイプ。吉田カバン・ポーター、ハンティングワールド…

8/23(金) 7:02配信

LEON.JP

大人の夏の装いは、ドコで差をつけるべきか? 奇抜なシルエット&色のウエアはやや難アリですから、小物でパンチを効かせるのが良策です。

特にバッグなら、普段使っているものと置き換えればいいだけなので、ごく簡単。夏は着こなしがシンプルになる分、バッグはちょい派手くらいがちょうどいい! ということで、この夏オススメのバッグを揃えました。

一見ストリートな柄は、実は縁起が良いんです/「ハンティングワールド」

幸運の結び目を意味するノッツ オブ ラックをシリーズ名に冠したこちら。アーカイブコレクションから復刻させたものですが、特徴はもちろんPVCにプリントされる格子柄です。

単なるチェック柄とは違うロープを想起させる柄は、どこかストリートな雰囲気を漂わせます。ダークトーンですがネイビーでまとめたカラーリングなので、白Tシャツの背中にマッチしてくれます。

あのタンカーが、ミニ&薔薇色で登場/「ポーター×ネクサス7」

アメリカ軍が出自となる、タンカーシリーズのヘルメットバッグ。本来ならミリタリーな武骨さを楽しむところですが、ミニサイズになると意外にもポップな印象に。

もちろん、このローズカラーもその理由。「ネクサス7」とのコラボとなるこちらですが、その色は文字通り薔薇から色を抽出したもの。千葉県にある平山薔薇園産の薔薇を用いたもので、人工的なビビッドピンクとは一線を画す、品の良さを感じさせます。

遊び心いっぱいのマルチ柄を、夏色ベースで/「フェリージ×ピエール=ルイ・マシア」

ナイロンバッグの名手「フェリージ」とプリントスカーフの名手「ピエール=ルイ・マシア」のコラボによって誕生したのは、いかにも夏顔なマルチカラーのウエストバッグ。

軽快なナイロン生地には、チェックにストライプにモチーフと、様々な柄がミックスされています。ナイロンの光沢も相まって、さながらシルクスカーフの如し。ゴールドカラーのジップも、ゴージャス感を煽ります。そんな中にも、レザーパーツでちゃんと耐久性を確保している点が、ここらしさです。


※掲載商品はすべて税抜き価格です

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/安岡将文

最終更新:8/23(金) 7:02
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事