ここから本文です

久保を失ったラウルのカスティージャは・・・

8/23(金) 17:26配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 リーガ開幕から1週間も経たないうちに、ラウル・ゴンサレス率いるフィリアルは久保建英を失ってしまった。カスティージャのプロジェクトで大スターになることが期待されていた日本人だが、プレシーズン後により経験を積ませることを優先したクラブが、半ば強制的に下した判断である。

 ラウルも同意したとはいえ、これは彼のプランを大きく狂わせる決定だ。指揮官は久保を“違いを生み出す選手“として計算していたからである。実際、ラウルは久保に背番号「7」を与え、プレシーズンに重用していた。

 久保がいなくなったあとも、ラウルにはフランチュやヘラベルトらが残されているが、彼らに日本人と同じクオリティを求めることはできない。さらにいえば、ロドリゴも負傷で欠いている。

 そんななか、チームはこの日曜日にセグンダディビシオンB(3部)の開幕戦を迎える。来シーズンにセグンダディビシオン(2部)昇格を目指していたカスティージャだが、早くも厳しい現実に直面しているようだ。

Mundo Deportivo

最終更新:8/23(金) 17:26
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事