ここから本文です

佃・前伊東市長の実刑判決確定

8/23(金) 12:12配信

静岡朝日テレビ

土地取引をめぐって収賄の罪に問われた前の伊東市長、佃弘巳被告の懲役2年の実刑判決が確定しました。

前の伊東市長、佃弘巳被告(72)は、在職中の2015年、市が所有する土地の売買で便宜を図った見返りに不動産会社の元社長から現金1300万円を受け取った罪に問われ、東京地裁で懲役2年、追徴金1300万円の判決を受けました。

佃被告は執行猶予付きの判決を求めて控訴しましたが棄却され、期限のきのうまでに上告の手続きをせず、判決が確定しました。近く収監される見通しです。

弁護士によると上告の見送りを決めた際、「市民の皆さんに迷惑を掛けて申し訳なかった」と話していたということです。

最終更新:8/23(金) 12:12
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事