ここから本文です

警察学校でオープンキャンパス

8/23(金) 20:37配信

テレビ高知

テレビ高知

警察官の受験者数が減少傾向にある中、警察の仕事に興味を持ってもらおうとオープンキャンパスが開かれました。

高知県南国市の警察学校では新人警察官が共同生活をしながら法律の勉強や逮捕術などの訓練に励んでいます。そうした、警察学校の“リアル”を知ってもらおうと、県警では2年前からオープンキャンパスを開いていて、きょうは小学生から社会人まで41人が参加しました。参加者達はパトカーや白バイに乗って、警察官気分を体験したり、装備品を触ったりして、警察官の仕事への理解を深めていました。またフリートークのコーナーでは実際に警察学校で学んでいる新人警察官たちに様々な質問をして、将来へのイメージを膨らませていました。

県警によりますとここ数年、警察官の受験者数は減少傾向だといいます。2017年度には倍率が3.7倍で、過去最低となっていて、県警はこうした取り組みを続け、より大勢の人に興味をもってもらいたい考えです。

最終更新:8/23(金) 20:37
テレビ高知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事