ここから本文です

迫る!軽減税率への対応 消費税8% 10% あと1カ月余

8/23(金) 19:07配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 消費税が8%から10%に増税されるまで1カ月あまりです。財布のひもが固くなることも予想されますが、それ以上に飲食店などが頭を悩ませているのは「軽減税率」によるレジの対応です。
 静岡市にあるレストランです。親子2代で40年続く人気の店ですが、増税による客足への影響が心配されます。
 客「外食の機会もあるので増税は大きいかな」「5回が4回に減るかもしれない、外食が」
 今回の増税では食料品などを対象に税率を8%のまま据え置く「軽減税率」が初めて導入されます。外食は10%ですが、テイクアウトの商品は「軽減税率」の対象です。
 そのため、飲食店などは「軽減税率」に対応したレジの買い替えなどが必要になります。このレストランでは8月、新しいレジに買い替え、さらにキャッシュレス決済の端末も導入しました。
 レストランアオキ 青木ゆう子さん「メニューも全部変えなければ。ホームページとか。お金がかかる。考えるのも大変。費用もかかる」 
 帝国データバンク静岡支店によりますと、6月に県内企業を対象に「軽減税率」について調査したところ「特に対応していない」と答えたのは46.7パーセントでした。企業の規模が小さいほど「対応していない」割合が高いということです。
 駆け込みでの対応が増えています。静岡商工会議所では増税や軽減税率について専門の相談員による無料の窓口を設けています。
 中華料理店を経営する石川和弥さん「準備は少しずつ始めているので間に合うとは思うが正直、不安」
 8%と10%に対応できるレジやポイント還元に欠かせないキャッシュレス決済の体験コーナーも設け早期の対応を促したい考えです。
 静岡商工会議所 西野誠経営指導員「最近になってやっと増税や制度の認知度が高まっている。まだまだ、自分に関係ない、と考えている方も多い。残り1カ月で準備してもらいたい。支援機関と一緒に対応を」
 消費税が10%になるまで1カ月余り。企業の対応は、今後さらに加速しそうです。

静岡放送(SBS)

最終更新:8/23(金) 19:07
静岡放送(SBS)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事