ここから本文です

「本当にタフだった」2度のMP凌いだシニアコバが4強入り<女子テニス>

8/23(金) 13:55配信

tennis365.net

NYJTLブロンクスオープン

女子テニスのNYJTLブロンクスオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、インターナショナル)は22日、シングルス準々決勝が行われ、第5シードのK・シニアコバ(チェコ)が世界ランク69位のB・ペラ(アメリカ)を4-6, 7-6 (8-6), 6-3の逆転で破り、ベスト4進出を果たした。

【大坂、シニアコバら全米OP対戦表】

この試合、2度のブレークを許したシニアコバは第1セットを落とすが、第2セットではタイブレークに訪れた2度のマッチポイントを凌ぎファイナルセットへ突入。ファイナルセットでは5本のサービスエースを決めるなど過去2勝0敗のペラにブレークを与えることなく、2時間27分の熱戦を制した。

女子プロテニス協会WTAの公式サイトでシニアコバは「本当にタフな試合だった。(ペラは)非常に攻撃的で素早くプレーし、私は常にプレッシャーにさらされていた。だから、全てのポイントで戦い続けることにした。ここまで来れて良かったし、私にとっては良い試合だった」とコメントを残した。

23歳のシニアコバは、決勝進出をかけて、準決勝で世界ランク80位のM・リネッタ(ポーランド)と対戦する。今大会予選から勝ち上がってきた27歳のリネッタは、第9シードのA・サスノビッチ(ベラルーシ)、第10シードのK・ムチョバ(チェコ)らを下してベスト4入りを決めている。

同日には、第1シードのワン・チャン(中国)、世界ランク58位のC・ジョルジ(イタリア)が4強へ駒を進めている。

最終更新:8/23(金) 13:55
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事