ここから本文です

中小企業集団、50ccバイクで世界最速時速233kmに挑む

8/23(金) 17:54配信

ニュースイッチ

 日進工具がメーンスポンサーを務める、排気量50ccクラスの2輪車の世界最高速達成を目指すプロジェクト「スーパーミニマムチャレンジ(SMC)」は、24―29日に米ユタ州で開かれる世界最高速度記録認定競技会「ボンネビル モーターサイクル スピード トライアルズ2019」に参加する。同プロジェクトで製作した50ccバイクで、同バイクの世界最高速度である時速233キロメートルに挑む。

 同プロジェクトは映画監督でランドスピードレーサーでもある近兼拓史氏が、毎年開催される同競技会で世界最高速記録に挑戦することを目的に、2018年に始動した。日本の中小製造業も参画している。、約30社が参画、メーンスポンサーを引き受けた日進工具の後藤弘治社長は「日本の製造業を盛り上げるためにプロジェクトを成功させる」と記録更新への意気込みをみせる。

最終更新:8/23(金) 17:54
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい