ここから本文です

2019年の夏の甲子園で140キロ超え投手はなんと44名 その顔ぶれと球速

8/23(金) 19:06配信

高校野球ドットコム

 8月22日、履正社が星稜を破り、初優勝を収めた。今回は140キロ越えを達成した投手を紹介したい。今年は150キロ越えが3名、140キロ超えは150キロ超えを合わせて、44名がいた。その顔ぶれを改めて紹介していく。

【写真】フォームについて説明する池田陽佑(智辯和歌山)

【154キロ】
奥川 恭伸(星稜)

【151キロ】
中森 俊介(明石商)

【150キロ】
池田 陽佑(智辯和歌山)

【148キロ】
飯塚 脩人(習志野)
鈴木 寛人(霞ヶ浦)
赤塚 健利(中京学院大中京)
小林 樹斗(智辯和歌山)

【146キロ】
谷 幸之助(関東一)
前 佑囲斗(津田学園)
江越 永輝(海星)

【145キロ】
西舘 勇陽(花巻東)
山田 怜卓(八戸学院光星)
笹倉 世凪(仙台育英)
遠藤 成(東海大相模)
岩崎 峻典(履正社)
笠島 尚樹(敦賀気比)

【144キロ】
常田 唯斗(飯山)
黒田 悠斗(敦賀気比)
伊藤 樹(仙台育英)

【143キロ】
鈴木 千寿(仙台育英)
大栄 陽斗(仙台育英)
西舘 昂汰(筑陽学園)
松村 力(敦賀気比)

【142キロ】
後藤 丈海(八戸学院光星)
清水 大成(履正社)
能登 嵩都(旭川大高)
土屋 大和(関東一)
降井 隼斗(津田学園)
中尾 要一郎(広島商)
寺西 成騎(星稜)

【141キロ】
長谷川 優也(日本文理)
竹内 勇輝(鳴門)
和田 真虎(宇和島東)
田中 瞬太朗(神村学園)

【140キロ】
南 隼人(日本文理)
永山 蒼(沖縄尚学)
梶塚 彪雅(前橋育英)
影山 雄貴(鶴岡東)
荻原 吟哉(星稜)
林 彪太郎(熊本工)
野口 裕斗(東海大相模)
村上 仁将(熊本工)
堀 裕貴(高岡商)
桃枝 丈(北照)

 来年はどのような投手が出てくるのか。今から楽しみである。

最終更新:8/23(金) 19:06
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事