ここから本文です

ナポリが強力な補強! 昨季21ゴール12アシストのウインガー、ロサノを50億円で獲得…堂安律の去就にも影響?

8/23(金) 18:57配信

GOAL

ナポリは23日、PSVからメキシコ代表FWイルヴィング・ロサノを獲得したことを発表した。推定移籍金は4200万ユーロ(約49億6000万円)。

2014年に母国クラブのパチューカでデビューして台頭したロサノは、4シーズンにわたってプレーしたのち、2017年の夏にPSV入り。PSVでは昨季までの2シーズンで公式戦79試合に出場して40得点23アシストをマークし、多くのビッグクラブからの関心が伝えられてきた。昨季は公式戦40試合で21得点12アシストを記録。ウイングを主戦場としており、抜群のスピードとキレのあるドリブルを武器としている。

また、2016年2月にデビューしたメキシコ代表では主力となっており、ここまで35試合で9得点を記録している。とりわけ、昨年に行われたロシア・ワールドカップの初戦、ドイツ代表戦ではカウンターから素晴らしいゴールを挙げるなど、世界の注目を集めた。

ロサノの引き入れに成功した昨季セリエAの2位ナポリは、今オフシーズンにローマからDFコスタス・マノラス、エンポリからDFジョバンニ・ディ・ロレンツォ、フェネルバフチェからMFエリフ・エルマスらを補強。打倒ユヴェントスのシーズン、24日に行われる開幕節ではアウェーでフィオレンティーナと対戦する。

なお、PSVはロサノの後釜としてフローニンゲンのMF堂安律を狙うとも言われていた。日本代表MFの去就にどのような影響を及ぼすかにも注目だ。

最終更新:8/23(金) 19:02
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事