ここから本文です

服を選ぶ瞬間から「節約」は始まっている!やりくり上手な主婦の簡単節約法

8/23(金) 19:15配信

LIMO

家計簿とにらめっこ状態の日々が続いている主婦にとって、「節約」は永遠のテーマでもあるのではないでしょうか。「これ以上削る項目がない」「節約したいのにうまくできない」と悩んでいる方もいることでしょう。

この記事の表を見る

そこで今回は、主婦の方にぜひ知っておいてほしい節約方法をご紹介します! 節約体質になれるコツもあわせて学んでおきましょう。

年収は関係ない?年間収入別の貯蓄額

総務省統計局の『家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)』をもとに、2人以上世帯のうち勤労者世帯に「貯蓄がどのくらいあるのか」ご紹介します。

年間収入階級別の貯蓄現在高は下記のようになっています。(「2人以上世帯のうち勤労者世帯の年間収入階級別 貯蓄現在高」の表を参照)

年間収入が600万円以上の勤労者世帯では貯蓄現在高の平均値が1000万円を突破しており、年間収入が上がるにつれて貯蓄現在高も上昇しています。

一方、年間収入600万円未満の世帯に絞ってみると、必ずしも「年間収入が上がれば貯蓄現在高も増える」という関係にはなっていません。

国税庁が公表した『平成29年分民間給与実態統計調査』によると1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与は432万円です。年間収入が平均を下回っていても、しっかり貯蓄ができる世帯があることがわかりますね。

高年収はもちろん憧れますが、「貯蓄額」は日々の習慣などを少し変えるだけで増やすことができます。

以下では、ちょっと意識するだけで節約につながる習慣をご紹介します。

長く着られる服を選ぶ

毎日忙しい主婦だって、オシャレを楽しみたいですよね。ところが、「せっかく買った服が、あっという間に着られなくなった…」という声も耳にします。数回洗っただけで型崩れや毛玉が発生する服も少なくありません。

値段だけで選ぶと、結局すぐに着られなくなってしまうことも。「安いから」という理由だけで選ぶのではなく、「丈夫な生地かどうか」「長期に渡って着用できそうか」といった面も考慮しておきましょう。

また、できるだけシンプルな服を選ぶのもポイントです。流行もののデザインは、次のシーズンになると着られなくなる可能性があります。また、派手すぎるものは転売をする際に買い手があらわれにくくなるリスクも。いつまでも着用でき、かつ売れやすいデザインのものを選んでおくと安心です。

1/2ページ

最終更新:8/23(金) 19:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事