ここから本文です

今日からやって!一瞬で美ボディに見せる方法

8/23(金) 19:45配信

All About

◆「ポーズするだけ」で見た目が変わる?

ダイエットしたいと思いつつ、気候や気温、ストレスによる不調でそれどころじゃない……という人も多いかもしれません。

そこで、つらいダイエットをしなくても、「一瞬で」美ボディに見せるヨガポーズを紹介しましょう。

でも、「えっ、瞬時になんて本当なの?」と思われる方はちょっとテストをしてみましょう。

今のご自身の姿を鏡に映して見てください。多くの人が背中が丸まり猫背姿勢になっているでしょう。次に、胸を張って、あごを軽く引いてみてください。きっと自信に満ちた印象の、美しい立ち姿勢になっていると思います。

分かっているのに、なぜ美しい姿勢を取れないのでしょうか? それは、体のメカニズムが関係しています。

胸を張ると、肋骨が開きます。すると、あごが上がり、肋骨の裏側にある腰が反るので、そのままでは腰が痛くなってしまいます。

しかし、胸を張り肋骨を開いた状態で、軽くあごを引き、同時に肩(肩甲骨)を下げてみると、腰の負担が軽くなるのが分かるでしょう。

さらに、息を吐きながらお腹を内側に引き寄せる「ドローイング」をすると、体幹が安定し、美しい姿勢をキープしやすくなるはずです。

◆瞬時に美ボディ! ラクダのポーズ(ウシュトラーサナ)

この美姿勢を作る体のメカニズムを兼ね揃えたヨガが、今回紹介する「ラクダのポーズ」です。太もも、鼠径部、お腹、胸、喉といった体の前側を力強く伸ばす動きになります。

ただ、やみくもに行うと腰や首に負担が掛かるのでコツが必要です。ただ「反る」というより、お腹や胸を「上に引き上げ、伸ばす」ように意識して、無理のない範囲でチャレンジしてください。

猫背やスマホ首で背中や首が凝りやすい人にもオススメ。また、胸を開くポーズは、免疫力に関係する細胞を作る胸腺も刺激します。心身の不調が出やすい方は、ぜひ習慣化したいヨガポーズです。

■効果
内臓の不調を予防・改善、猫背・冷え性・お腹・ヒップ・背中のケアや引き締め、バストアップ、集中力の向上、疲労や不安・月経時の不快の改善

■実践期間
週3回を目安に3週間実践してみてください。姿勢に変化が現れるようになります。

■注意する点
高血圧・低血圧・片頭痛、腰または首を痛めている人は無理のない範囲で行いましょう。

■やり方

1/2ページ

最終更新:8/23(金) 19:45
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事