ここから本文です

ファーウェイの5Gスマホが中国でバカ売れ、公式サイトで1分以内に完売

8/23(金) 19:00配信

BCN

【上海発】華為技術(ファーウェイ)の第5世代移動通信システム(5G)対応の新型スマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20 X(5G)」が、中国でバカ売れしていると報道されている。中国メディアによると、インターネット通販サイトの予約量は100万台を突破。公式通販サイトでは、1分以内に売り切れになる場合もあるという。



 Mate 20 X(5G)は、発売中の「HUAWEI Mate 20 X」とほぼ同じスペック。5G対応のチップセット「BALONG(バロン)5000」を搭載し、OSにはAndroidベースのEMUI 9.1を採用した。7月26日に予約の受付が開始となり、8月16日に発売された。価格は6199元(約9万3000円)。
 

 中国メディアの数据観は、Mate 20 X(5G)の発売後「多くの消費者が、初めての5Gスマートフォンユーザーになるためにたくさんの工夫をした」と報道。同メディアの記者がファーウェイの公式通販サイトを調べたところ、毎日10時8秒の販売開始後、1分以内に「完売」となるか「一時的に品切れ」の状態になったことを確認したと伝えた。

 中国では、まだ5Gは商用化されていないが、国営の三大通信事業者は19年、中国国内の大都市を中心に順次、5G通信網の整備を予定している。また、通信事業者は中国国内の既存ユーザーに対し「Mate 20 X(5G)がとても人気。購入者には毎月100ギガバイトのパケット通信量をプレゼントする」とのメッセージを送り、Mate 20 X(5G)の購入を促している。
 

 ファーウェイは今後、5G対応端末の拡充を進める方針で、5G対応の折り畳みスマホ「Mate X」の発売を計画中。このほか、中興通訊(ZTE)が8月5日に5Gスマホ「AXON 10 Pro 5G」を発売し、OPPOとVivoも5Gスマホの発売を予定しており、中国市場で各スマホメーカー間の販売競争が加速する見通しだ。(上海支局 齋藤秀平)

最終更新:8/23(金) 19:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事