ここから本文です

ディカプリオ&ブラピのメイキング映像到着!『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

8/23(金) 8:00配信

Movie Walker

鬼才クエンティン・タランティーノ監督が5年の歳月を費やして脚本を書き上げ、自身の映画愛を存分に発揮した話題作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(8月30日公開)。このたび本作から、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット、マーゴット・ロビーの3人のコメントとメイキングが収められた特別映像が解禁された。

【写真を見る】鬼才クエンティン・タランティーノ監督の映画愛が炸裂!

本作は人気のピークを過ぎたテレビ俳優のリック・ダルトンと、リックを支えるスタントマンのクリフ・ブースの友情と絆を軸に、1969年のハリウッド黄金時代の光と闇に迫る物語。めまぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしていくリックの隣に、時代の寵児としてもてはやされるロマン・ポランスキー監督とシャロン・テート夫妻が越してくる。そして、それぞれの人生を巻き込んだある大事件が起こることに…。

このたび解禁されたメイキング映像はリックを演じるディカプリオの「ハリウッドへの最高のラブレターだ」という言葉から始まり、緻密に再現された60年代後半のハリウッドの景色の中で繰り広げられる本編の映像と、その撮影の様子が映しだされていく。さらにキャスト陣のコメントでは、伝説の女優シャロン・テートを演じたマーゴットが初めてタッグを組んだタランティーノ監督について「唯一無二の監督」と絶賛する一幕も。

またベトナム戦争やフリーラブの思想の誕生など、多くの社会運動が巻き起こる時代の転換期となった1969年を象徴する映像の数々とともに、メインキャスト3名が当時の社会情勢について語っていたり、先日ロサンゼルスで大盛況の中行われたプレミアの様子も収められているなど、ボリューム満点の映像に仕上がっている。

すでに公開されている全米では『ジャンゴ 繋がれざる者』(12)を上回るタランティーノ作品最高のオープニング成績を飾り、興行収入は1億1000万ドルを突破。来年のアカデミー賞に向けた賞レースでの大健闘も噂されている。さらに8月26日(月)にはディカプリオとタランティーノが来日するなど、日本でも大盛り上がりとなること間違いなしの本作。是非ともその熱量と映画愛を、劇場の大スクリーンで見届けてほしい!(Movie Walker・文/久保田 和馬)

最終更新:8/26(月) 14:37
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事