ここから本文です

Lynk&Co 03 シアン・コンセプト ニュル最速の4ドアに 7分20秒143

8/23(金) 22:20配信

AUTOCAR JAPAN

FFおよび4ドアの記録更新

世界ツーリングカーレースに出場するシアン・レーシングによれば、Lynk&Co 03 シアン・コンセプトがニュルブルクリンクにおける4ドア車およびFF車のコースレコードを更新したとのことだ。

【写真】Lynk&Co 03 シアン ニュル最速 (15枚)

7分20秒143というラップタイムは、ジャガーの限定車であるXE SVプロジェクト8の記録を3秒更新するものだ。しかし、このモデルは市販型ではなくあくまでもコンセプトモデルである。FF車ではルノー・メガーヌRSトロフィーRの7分40秒1がいままでの最速記録であった。

このクルマは2.0Lの4気筒ターボを搭載し、その最高出力は528ps、最大トルクは45.2kg-mだ。これによる0-100km/h加速は4.4秒、最高速度は310km/hに達する。しかし、このパワートレインが市販化されるかどうかは不明だ。

ベースとなったツーリングカーと同様、大型のフロントスプリッター、ワイドなホイールアーチ、それにカーボン製サイドスカートや大型リアウイングなどが与えられている。

技術力およびポテンシャルを示す

今回のアタックでこのマシンをドライブしたWTCRドライバーのテッド・ビョークは「今回われわれが打ち立てた記録は、わたしにとってレースでタイトルを獲得することに匹敵する意義を持ちます」と語った。

Lynk&Coは中国向け4ドアサルーンとしてスタンダードな03を昨年発表した。ボルボのCMAプラットフォームを仕様し、内燃機関またはハイブリッドが用意される。

シアン・レーシングの研究開発部門を統括するヘンリック・フライズは、「われわれがニュルブルクリンク・ノルドシュライフェを走り込む目的は開発のためです。しかし、今回の記録はわれわれの20年に及ぶモータースポーツやロードカーにおける開発理念や、Lynk&Coのプラットフォームのポテンシャルを示すものとなるでしょう」と語っている。

AUTOCAR JAPAN

最終更新:8/23(金) 22:20
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事