ここから本文です

インド、外国人投資家の富裕税適用除外を検討-株安抑制図る

8/23(金) 15:54配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): インドは外国人投資家への追加課税計画を近く撤回する可能性がある。政府当局者によると、この決定がインド株の下落抑制につながるという。

政府は景気下支え策に取り組んでおり、これには予算案で発表された富裕層税強化の対象から外国ポートフォリオ投資家(FPI)を外すことなども含まれる可能性がある。当局者は決定が未発表だとして匿名を条件に話した。

シタラマン財務相は、年間課税所得が約2000万ルピー(約3000万円)を超える個人の実効税率を引き上げることを提案。この措置ではFPIが意図せぬ対象になっていた。

この課税案を盛り込んだ7月5日発表の予算案には景気促進策に乏しかったこともあり、外国人投資家はインド株式市場から30億ドル(約3200億円)余りを引き揚げ、株価や通貨ルピーに下押し圧力をかけていた。

原題:India Considers Exempting Foreign Investors From Super Rich Tax (抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Siddhartha Singh

最終更新:8/23(金) 15:54
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事