ここから本文です

古巣復帰も“最悪スタート”…選手兼監督のコンパニがプレーに専念へ

8/23(金) 9:51配信

ゲキサカ

 アンデルレヒトの選手兼任監督を務めるベルギー代表DFビンセント・コンパニがプレーに集中するため、試合当日はチームの指揮から離れることになるようだ。英『BBC』が報じている。

 現在33歳のコンパニは11シーズンを過ごしたマンチェスター・シティを昨季限りで退団。13年ぶりに古巣アンデルレヒトに復帰し、選手兼任監督としてプレーしていた。

 しかし、チームは開幕4戦を終えて2分2敗(勝ち点2)の13位と低迷。アンデルレヒトにとって21年間で最悪の開幕スタートだという。

 同メディアによると今後は試合当日、コンパニがキャプテンを務め、ヘッドコーチのサイモン・デイビス氏が采配を振ることになるようだ。

 アンデルレヒトの次節は23日に行われ、敵地で昨季王者のゲンクと対戦する。

最終更新:8/23(金) 10:27
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事