ここから本文です

【K-1】8.24全選手が計量パス、試合順と計量結果一覧

8/24(土) 10:57配信

イーファイト

 8月24日(土)エディオンアリーナ大阪で開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~』出場選手の前日計量・会見が、23日(金)大阪市内で行われ、全選手が計量クリアした。

【フォト】計量をパスし鍛え上げた肉体でマッスルポーズの皇治と大岩

 メインイベント(第12試合)で対戦する、皇治(30=TEAM ONE)は60.0kgジャスト、大岩龍矢(27=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)は59.9kgの100gアンダーで共に契約体重を一発クリアした。

 第11試合に出場するK-1 WORLD GPライト級王者・林健太(25=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)は一回目の計量を63.0kgで契約体重の62.5kgから500gオーバー、パンツを脱いですぐに再計量に臨むも62.85kgと350gオーバーで再び計量失敗。
 当日15:30が計量時間のリミットとなる中、会見途中で三度目の計量に臨むと62.1kgの400gアンダーでようやくクリアし安堵の表情を見せ、仕上がりも万全だと語った。

 対戦相手のデニス・デミルカプ(19=トルコ/ Elite Training Center/Team Elite)は61.8kgと700gアンダーで一発クリアし、林の計量オーバーについては「全然気にしていない」と動じず。「試合の準備は万全です」と、こちらも仕上がりの良さをアピールした。
 デミルカプは、オランダでEnfusion、Real Fightersといった大会に出場し、トルコ、モロッコ、アイルランド、イギリス、アゼルバイジャン、フランスなどでも試合をしてきた選手。父親がプロのキックボクサーだった影響で生まれた時から格闘技をやっているという。プロ戦績は8戦6勝(5KO)2敗。

 全計量結果と試合順は以下の通り。

【メインイベント(第12試合)】
スペシャル・スーパーファイトin大阪 K-1スーパー・フェザー級 3分3R 延長1R
皇治(60.0kg)vs大岩龍矢(59.9kg)

【第11試合】
スーパーファイト K-1ライト級 3分3R 延長1R
林健太(62.85kg →62.1kg)vsデニス・デミルカプ(61.8kg)

【第10試合】
スーパーファイト K-1ウェルター級 3分3R 延長1R
野杁正明(67.5kg)vsサミ・ラミリ(67.2kg)

【第9試合】
日本vs世界・5対5 -68kg契約 3分3R 延長1R
大泉翔(67.9kg)vs木村”フィリップ”ミノル(68.0kg)

【第8試合】
スーパーファイト K-1スーパー・ウェルター級 3分3R 延長1R
城戸康裕(70.0kg)vsアントニオ・ゴメス(69.6kg)

【第7試合】
スーパーファイト K-1クルーザー級 3分3R 延長1R
愛鷹亮(89.9kg)vsシナ・カリミアン(89.9kg)

【第6試合】
スーパーファイト K-1スーパー・ライト級 3分3R 延長1R
山崎秀晃(65.0kg)vs平山迅(65.0kg)

【第5試合】
スーパーファイト K-1スーパー・ライト級 3分3R 延長1R
大和哲也(64.9kg)vs近藤拳成(64.8kg)

【第4試合】
スーパーファイト K-1ライト級 3分3R 延長1R
篠原悠人(62.4kg)vs川﨑真一朗(62.5kg)

【第3試合】
スーパーファイト K-1ウェルター級 3分3R 延長1R
松岡力(67.5kg)vs近藤魁成(67.4kg)

【第2試合】
スーパーファイト K-1スーパー・バンタム級 3分3R 延長1R
椿原龍矢(54.9kg)vs蒼士(55.0kg)

【第1試合】
スーパーファイト K-1女子-52kg契約 3分3R 延長1R
KANA(52.0kg)vs真優(51.7kg)

【プレリミナリーファイト第3試合】
K-1フェザー級 3分3R
新美貴士(57.4kg)vs斗麗(57.4kg)

【プレリミナリーファイト第2試合】
-53kg契約 3分3R
黒田斗真(52.9kg)vs野田蒼(53.0kg)

【プレリミナリーファイト第1試合】
K-1ライト級 3分3R
SEIYA(62.5kg)vs鈴輝勇太(62.5kg)

最終更新:8/24(土) 13:22
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事