ここから本文です

対米関税750億ドル分追加 中国、第4弾に対抗 車関連も復活

8/24(土) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 中国政府は23日、米国からの750億ドル分(約8兆円)の輸入品5078品目に9月1日と12月15日の2回に分けて、10%と5%の追加関税をかけると発表した。米国が9月1日と12月15日に発動する予定の対中追加関税「第4弾」への対抗措置で、報復の応酬がエスカレートしてきた。
 対象は農産品や工業原料、日用品など。中国側はすでに1100億ドル分の米国からの輸入品に追加関税をかけていて、今回の措置により、米国からの輸入額(中国側の統計で2018年は1550億ドル)の大半が追加関税の対象になりそうだ。中国政府は「米国側の一国主義、貿易保護主義に迫られて実施する措置だ」との声明を出した。…… 本文:543文字

【販売終了のお知らせ】

こちらの有料記事配信サービスは、販売を終了いたしました。

ご購入いただいた記事を読むには、こちらからログインしてください。

朝日新聞社

最終更新:8/24(土) 5:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事