ここから本文です

水谷/伊藤、平野/芝田 ワールドツアー制覇まであと1勝<卓球・チェコオープン 5日目見どころ>

8/24(土) 11:13配信

Rallys

<ITTFワールドツアー・チェコオープン 2019年8月20日~8月25日>

大会4日目にあたる23日、男女シングルス2回戦と、ダブルス全種目の準決勝までが行われた。

【画像】平野/芝田、ワールドツアー初制覇まであと1勝

日本男子、ドイツ勢に敗れる

男子シングルスでは水谷隼(8月世界ランキング14位・木下グループ)が、急成長中のパトリック・フランチスカ(同15位・ドイツ)と対戦した。フランチスカの両ハンドドライブのカウンターに苦しみながらもゲ-ムカウント3-1でマッチポイントを握ったが、そこから逆転負けを喫した。

宇田幸矢(同102位・JOCエリートアカデミー/大原学園)は、“ドイツの皇帝”と呼ばれるティモ・ボル(同8位)と対戦。善戦むなしくストレートで敗れた。

一方平野友樹(同116位・協和キリン)が、ブルガリアオープンの覇者・張本智和(同5位・木下グループ)を破ったクリスチャン・プレテア(同115位・ルーマニア)にフルゲームの激闘の末勝利し、日本男子で唯一ベスト8に進出した。

石川佳純、中国選手との激戦制しベスト8

石川佳純(同6位・全農)は2回戦で中国の劉曦(リュウシー・同148位)と対戦。わかりづらい巻き込みサーブで相手を翻弄すると積極的にフォアドライブで点を稼ぎ、ゲームカウント4-2で勝利した。

一方で、中国選手を破って勝ち残った佐藤瞳(同17位・ミキハウス)は馮亜蘭(フォンヤーラン・同341位・中国)と対戦。1ゲーム目を先制したものの、勝機を見出せずゲームカウント1-4で敗れた。

またブルガリアオープンでのリベンジをかけて伊藤美誠(同8位・スターツ)は陳幸同(チェンシントン・同21位・中国)と対戦したが、ゲームカウント2-4で敗れ、リベンジは達成できなかった。

24日は大会5日目を迎え、男女シングルス準々決勝と、ダブルス全種目の決勝が行われる。

男子試合 組み合わせと見どころ

<男子シングルス準々決勝>
平野友樹 - 林昀儒(チャイニーズタイペイ)
李尚洙(韓国) - ティモ・ボル(ドイツ)
ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ) - パトリック・フランチスカ(ドイツ)
アレクサンダー・シバエフ(ロシア) - ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)

<男子ダブルス決勝>
趙大成/李尚洙(韓国) - 廖振珽/林昀儒(チャイニーズタイペイ)

男子シングルスでは、平野友樹がT2ダイヤモンド優勝の林昀儒(リンインジュ・同13位・チャイニーズタイペイ)と対戦。平野は予選から勝ち上がっており、張本智和を破った選手にも競り勝っている。ポテンシャルの高さは十分通用するはずだ。平野と林昀儒、準決勝にコマを進めるのはどちらか必見だ。

またドイツのティモ・ボルは李尚洙(イサンス・同18位・韓国)と対戦する。意外にも対戦経歴があまりない2人だが、衰え知らずのボルが2勝0敗で勝ち越している。一方の李尚洙は2連敗していたシモン・ゴジ(同20位・フランス)に勝利しており、好調。ボルが3連勝するか、はたまた3度目の正直で李尚洙が初勝利を挙げるのか見逃せない。

1/2ページ

最終更新:8/24(土) 11:13
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事