ここから本文です

賀来賢人、ブレイク後もぶれず「後悔しない仕事を」

8/24(土) 7:02配信

シネマトゥデイ

 ディズニー最新作『ライオン・キング』で映画の吹き替えに初挑戦した俳優の賀来賢人(30)。デビュー以来、数多くの作品で活躍してきたが、昨年は主演ドラマ「今日から俺は!!」でさらなるブレイク。その賀来が、ここ最近の生活の変化を語った。

【動画】賀来賢人が歌う「愛を感じて」

 「街を歩いていて、気づかれることが多くなったとかはありますけど、でもまずテレビを観ないので、あれ観たよ、CMいっぱい観るよと言われても、実感が湧かないんですよね。そんなに自分の感覚が変わったとか、仕事への向き方が変わったりとかはないですね」

 今年に入ってからも本作をはじめ、映画や舞台、ドラマと精力的に活動を続けている賀来。「後悔しない仕事をしたいなと。やれる役も限られてくるし、タイミングもあるし、なるべく世間の人が楽しんでもらえるような作品に関われることが理想です」という。

 中でも、本作で主人公シンバの声優を務めることが発表されたときの反響は「仕事をしていて、一番すごかった」といい、「友達や家族から、グループLINEとかでバーッて来たり」と驚いた様子。「オーディションだったのですが、『ライオン・キング』は個人的にもディズニー作品の中で一番好きな作品だったので、シンバ役に決まったときは本当に嬉しかったです」と喜んだ。

 初めての吹き替えでは「芝居だと表情とかがあったりするけど、吹き替えだと声だけなので、本当に思いっきり笑わないと笑っている感じにならないんです」と苦労したようだが、「(俳優と声優で)共通する部分はもちろんあるので、俳優業でやってきたことが生かされたこともあったし、逆に今回声優をやったことで俳優業に生かされることもあるだろうし。本当に経験できて良かったです」と賀来。

 先日はシンバの幼なじみ・ナラ役の門山葉子と共に「ミュージックステーション」に出演し、名曲「愛を感じて」を生披露。「今回の『ライオン・キング』の吹き替え版はこうです! っていうお披露目の場だったので、人生で一番緊張したと思います。倒れかけました(笑)」と相当なプレッシャーがあったそうだが、「でも、おかげさまで吹き替え版を観たくなったという声がすごく増えたらしいので、良かったです」と安堵の表情を見せていた。(取材・文:編集部・中山雄一朗)

映画『ライオン・キング』は公開中

最終更新:8/24(土) 15:05
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事