ここから本文です

【MotoGP】「2日目はしっかりタイムを上げたい」初日11番手の中上貴晶、得意サーキットに意欲

8/24(土) 11:02配信

motorsport.com 日本版

 MotoGP第12戦イギリスGPの初日を、LCRホンダの中上貴晶は総合11番手タイムで終えた。

【FP2リザルト】クアルタラロがレコード破りのトップタイム

 午前中のFP1では18番手タイムと出遅れていた中上だが、午後のFP2に入ると一気にタイムは改善した。

「今日はFP1で思うようにタイムを上げられず出遅れましたが、FP2ではセットアップを変えて、その遅れを取り戻すことができました」と中上はプレスリリースにコメントを寄せた。

 シルバーストン・サーキットは今年に入り路面の再舗装を行ったが、予想以上にグリップが改善しているようで、FP1ではセッティングを外してしまった部分があったと中上は語る。

「今日はベースのセッティングでスタートしたのですが、路面の改修で想定していた以上にグリップが良くなり、タイムにつなげることができませんでした。午後は全体的にハードなセットにしてコーナーの立ち上がりでタイムロスを軽減することができました」

 シルバーストンはMoto2時代に中上が得意とするサーキットで、初優勝を記録した場所でもある。FP3、予選と続く2日目はホンダ勢のデータを参考にQ2ダイレクト進出に挑むと、中上は意気込みを見せた。

「シルバーストーンは好きなサーキットです。明日、明後日と天気も良さそうなのでしっかりタイムを上げていきたいです」

「今日は当初は14番手でしたが、6コーナーのトラックリミットでタイムを取り消される選手が多く、自分もタイムを取り消されましたが最終的に11番手で終えることができました。今日はマルク、カルがしっかりタイムを出しているので、それを参考にして明日(24日)のFP3に挑み、ダイレクトでQ2進出を果たしたいです」

最終更新:8/24(土) 11:02
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事