ここから本文です

大坂なおみ 前年優勝者として臨む全米OP。これまでの全米の歩みと今年の期待

8/24(土) 17:00配信

THE TENNIS DAILY

いよいよ26日に開幕する、今シーズン最後のグランドスラム「全米オープン」。今回ディフェンディングチャンピオンとして第1シードで出場する大坂なおみ(日本/日清食品)は、同大会本戦へ4度目の出場を予定している。思い出の舞台での活躍が期待される「全米オープン」の、これまでの戦績を振り返って紹介する。

【動画】大坂なおみ、スマッシュをカウンターで跳ね返す

■本戦初出場は18歳、今年で4度目の出場

2016年、当時18歳・世界81位で初めて「全米オープン」本戦に出場した大坂。この年は3回戦まで勝ち進んだ。その翌年2017年は当時世界45位ながら、1回戦で前年優勝者だった第6シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を6-3、6-1のストレートで撃破するという大金星を挙げた。対トップ10選手初勝利を収めた大坂だったが、その後3回戦で元世界15位のカイア・カネピ(エストニア)に立ちふさがれ、2017年も3回戦敗退という結果だった。

そして遂にシンデレラストーリーを駆け上った、前年の2018年。しかし大坂は「全米オープン」を迎えるまでの前哨戦、3大会立て続けに早期敗退と不安の残る結果だった。それでも全米の大舞台が始まると、3試合連続ストレート勝利でベスト16進出。4回戦はフルセットにもつれ込むも、振り切って勝ち上がった。

準々決勝からの3試合も大坂はすべてストレートで勝利を収め、見事日本人初のグランドスラムシングルス優勝という歴史的快挙を成し遂げた。当時世界19位だった大坂は「全米オープン」後、自身初のトップ10内である7位にランキングを大幅上昇させた。

■自身のアイドル、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)との決勝

大坂が、そのグランドスラム初優勝を果たした決勝の相手は、シングルスでグランドスラム23度の優勝を誇る元世界女王セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)だった。大坂にとっては、幼少期からの憧れの選手だ。

2018年の「全米オープン」期間中も、4回戦で勝利した時から「彼女(セレナ)とプレーできれば」と話していた大坂。そして、その夢が叶うこととなった決勝前には「まだ小さかった頃ですら、グランドスラムの決勝でセレナと対戦することをいつも夢見ていました。それが実現してることが、とても嬉しいです」と大きな喜びを表した。

そして、そのセレナから圧巻のストレート勝利を挙げた大坂は「ネット際で彼女を抱きしめた時、子供の頃の自分に戻ったような気がしました」と試合後に抱き合った時の想いを語った。

■前哨戦は前年より好成績。今年は第1シードとして、思い出の大舞台へ

今シーズン大坂は、1月に行われたハードコートのグランドスラム「全豪オープン」でも優勝し、グランドスラム出場2大会連続のタイトル獲得を果たした。しかしその大きな結果を残して以降は、クレーコートの「全仏オープン」で3回戦敗退、芝コートの「ウィンブルドン」は1回戦敗退と悔しい結果となった。

なかなか期待される結果を残せず苦しんだものの、8月上旬には「今になってやっとその楽しさを再び思い出しているところです」と前向きになってきたことをTwitterで投稿している。

そして、今年は「全米オープン」前哨戦である「ロジャーズ・カップ」と「ウェスタン&サザン・オープン」でともにベスト8入り。

WTA(女子テニス協会)公式サイトによると、本人は現地23日の記者会見で「今年は(前哨戦で)2回連続で準々決勝にいきましたので、今の自分に自信を持っています。それが昨年とは少し対照的です」と自信をのぞかせている。

一方で「ウェスタン&サザン・オープン」準々決勝で痛めた左膝の状態は「良くなってきています」「日に日に練習時間も長くなっています。感覚は良くなっています。幸いなことに私は治りが早いので、いい感じだと思います」と状態を説明した。

大坂は今大会第1シードで出場し、大会2日目に予定されている1回戦で世界93位のアナ・ブリンコワ(ロシア)と対戦予定。思い出の地「全米オープン」で、大坂が良い滑り出しを見せることが期待される。

「全米オープン」本戦は26日に開幕。テニスデイリーではサイト上で、大会初日の模様を生配信する予定だ。

◇   ◇   ◇

■大坂の「全米オープン」過去戦績

2016年 本戦初出場・3回戦:3回戦の対戦相手・マディソン・キーズ(アメリカ)
2017年 3回戦:3回戦の対戦相手・カイア・カネピ(エストニア)
2018年 優勝:決勝の対戦相手・セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ウェスタン&サザン・オープン」での大坂なおみ
(Photo by Ian Johnson/Icon Sportswire via Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:8/24(土) 19:06
THE TENNIS DAILY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事