ここから本文です

新加入シャルル・ルクレールが描く“成長曲線”にフェラーリ代表も驚き「日に日に良くなっている」

8/24(土) 11:41配信

motorsport.com 日本版

 フェラーリは今季、ベテランのキミ・ライコネンに代わってF1デビュー2年目のシャルル・ルクレールをチームに迎え入れた。ルクレールはここまで12レースを終えて5度の表彰台を獲得。予選ではチームメイトのセバスチャン・ベッテルをしばしば上回るなど、4度のワールドチャンピオンと遜色ないパフォーマンスを見せている。

【ギャラリー】ルクレールは99人目! F1歴代ポールシッターを振り返る

 チーム代表のマッティア・ビノットはルクレールを次のように評した。

「シーズン前半のシャルルの成長ぶりは非常にポジティブなものだと思う」

「彼の肩には当初から、大きな期待とプレッシャーがかかっていた。なぜなら彼は、フェラーリドライバーにしてはかなり若いからだ」

「彼に才能があることは分かっていたが、それ以上に彼がミスからしっかり学んでいるということが重要だ。チームとの連携、マシン開発における関わり方などが日に日に良くなっている」

「彼は攻撃でも防御でも力強さを見せる。それはF3(GP3)、F2時代から見てきたものだ」

「我々を驚かせる何かがあるとすれば、それは彼の成長具合だ。レースを重ねるごとに彼は堅実な週末を過ごすようになっているし、今後は今以上に良くなっていくと思う」

 フェラーリは長らく実績のあるベテランドライバーを多く起用してきた。そんな中でのルクレールの抜擢は、ある意味“異例”のものだったが、ビノット曰くそれは「リスクではなかった」という。

 ビノットはまた、ルクレールとベッテルとの関係性もポジティブであることを強調した。

「彼(ベッテル)はシャルルとうまくやっている。ふたりは良きチームメイトなんだ」

「彼はとてもスマートで、モチベーションも高い。シーズンが始まるにあたって、彼にとっても難しい部分があったと思うが、自分の能力をわかっているし、全体的な状況を十分に把握している」

「セバスチャンは未だにチームに対して協力的だ。彼は自身がチームの現在、そして未来における重要な柱であることを自覚していると思う」

Valentin Khorounzhiy

最終更新:8/24(土) 11:41
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事