ここから本文です

【MotoGP】戦線復帰のロレンソ、クラッシュの“恐怖”と負傷の痛みで本領発揮はまだ先か

8/24(土) 12:22配信

motorsport.com 日本版

 MotoGP第12戦イギリスGPの初日を、レプソル・ホンダのホルヘ・ロレンソは21番手タイムで終えた。トップタイムのファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)とのギャップは約3.7秒だ。

【リザルト】クアルタラロはレコードを更新するタイムを記録

 ロレンソは第8戦オランダGPのFP1で大きなクラッシュを喫すると、胸骨の骨折を負ってしまい、オランダGPから前戦オーストリアGPまで計4戦を欠場することとなった経緯があり、イギリスGPはその復帰戦だ。

 FP2を終えた後、ロレンソはトラック上の“ほとんどすべての部分で”問題を抱えていると認めた。そして、自身のパフォーマンスは首と背中に痛みがあることから、大部分は予想の内だったという。

「言うまでもなく、今日は厳しい1日だった。今日のようにほとんど最後尾になった時なんかは、リラックスはできないよ」とロレンソは言う。

「だけど、それが今の僕らの状況だ」

「まだ背中は完全に治っていなくて、2度のプラクティスの後は痛みがあった。2カ月もバイクに乗っていなかったことで、筋肉量をかなり失っていて、身体のコンディションもMotoGPに慣れていないんだ」

「何戦かを辛抱強く耐える必要がある。ミサノテスト(8月29日~30日)では多少は良くなっているだろうし、特にミサノ戦(サンマリノGP/9月13日~15日)ではブレーキングでよりプッシュできるはずだ。そして許容範囲のラップタイムに接近できるだろう」

「今はそういったことをするのが本当に厳しいんだ。自分のできる以上のプッシュはせず、忍耐強さを保つ必要がある」

 後の祭りではあるが、イギリスGPでの復帰は正しいタイミングだったのかをロレンソに問うと、彼はこう答えた。

「これ以上復帰が遅くなっていた場合、何もかもがより難しくなっていただろう」

「当然、もう1、2戦を見送っていたなら僕の怪我は恐らく完全に治っていたと思う。でもそうすると、今以上に反射や筋肉、バイクに乗った時の反応などが失われてしまったはずだ。だから僕は適切なタイミングで復帰したと思っている」

 また、ロレンソはオランダGPと似たようなクラッシュを喫するという“恐怖”が彼の心に多くのしかかっていたと認めた。

「今は、これまで以上にクラッシュしたくない。アッセンで喫したものと同じようなクラッシュはゴメンだね。ああいったクラッシュを喫したら、身体の他の部分も容易に壊してしまうし、大惨事になるよ」

「背中が完全に治ったと感じられた時には、言うまでもなく僕はよりリラックスして乗れるだろうし、他の年と同じくらい良くあるといいなと思う。今、僕は完全に負傷が治るまでは、クラッシュする恐れがあるんだ」

Jamie Klein

最終更新:8/24(土) 12:22
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事