ここから本文です

(月刊TOKYO2020)世界最高峰の低空戦 身長169センチペア、バド「ソノカム」

8/24(土) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■(技)「ノーロブ」息もつかせぬ高速ラリー
 2人の身長はまったく同じ169センチ。ちょうど、ネットから少し顔が出るくらいだ。そんな2人が、190センチ近い外国人ペアが驚くような速さのショットを決め、次々と得点を奪う。
 「上背もないし、スマッシュのパワーでは勝てない。僕たちにしかできない『低空戦』が勝負」。バドミントン男子ダブルスで世界ランキング4位に立つ園田啓悟と嘉村健士(かむらたけし)のソノカムペアは口をそろえる。
 2人が得意とする低空戦は、「ノーロブ」といわれる戦術だ。大きく山なりで返すロビングをあげず、直線的な軌道のドライブやプッシュを多用する。…… 本文:2,961文字

【販売終了のお知らせ】

こちらの有料記事配信サービスは、販売を終了いたしました。

ご購入いただいた記事を読むには、こちらからログインしてください。

朝日新聞社

最終更新:8/24(土) 7:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事