ここから本文です

山下真司「スクール☆ウォーズ」以後は先生役断っていた!

8/24(土) 20:11配信

シネマトゥデイ

 24日、ドラマ「泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ」のDVD-BOX発売と動画配信サービス「Paravi」での配信を記念した特別番組「Paravi配信&DVD-BOX発売記念 スクール☆ウォーズ同窓会2019」のライブ配信が行われ、ドラマに出演した山下真司、松村雄基、伊藤かずえ、主題歌を歌った麻倉未稀が収録前に取材会を開いて同作の思い出話などを披露した。

「スクール☆ウォーズ」当時【写真】

 同ドラマはラグビー元全日本メンバーの教師・滝沢賢治(山下)が弱小の高校ラグビー部を導いていく物語。1984年に放送され、絶大な人気を誇った。この日は、今年、ラグビーワールドカップが日本で開催されることや、8月24日がラグビーの日であることにちなんで同ドラマの“同窓会”と題した特別番組が配信された。

 熱血ラグビー部の顧問・滝沢賢治を演じた山下は集まった報道陣を前に「感無量」と述べると、「『スクール☆ウォーズ』あっての僕の人生。こんな作品はほかにない。このドラマとめぐり合ったからこそ、ここまでやってこれたし、この場に立てる。その運の良さ。感謝してもしきれない」と嬉しそうな表情。

 同ドラマへの思い入れは誰より強く、「(放送当時)休みの日もネクタイをして僕は滝沢賢治でしたよ。ドラマの格好で歩いていた。よく子供たちが声をかけてくれた」と役のイメージを崩さないようプライベートでも気をつけていたという。放送が終わってからも滝沢賢治のイメージを守るため、「(このドラマの後)先生役がけっこう来るようになったけど、先生役は断っていた」とこだわりを明かす。

 「『スクール☆ウォーズ』というのはスペシャルだからね。『スクール☆ウォーズ』のファンのイメージを壊さないようにしていた。バラエティー番組なんかでも(ドラマの名シーンのパロディーを)やらされることはあったけど、僕は非常に真面目にやっていました。いい加減にやったことは一度もなかった」と役への思い入れをしみじみ述べる。

 最後は、今年、ワールドカップが開催されることから、日本代表へのエールを求められ、「今回のワールドカップは見ごたえのある試合になると思います。初戦はマストで勝たないといけない。スキルもプレーも昔のオールジャパンと違う。ベスト8に入ってほしい」とコメント。日本代表へ向け、「信は力なり!」とドラマの名言でエールを送っていた。(取材・文:名鹿祥史)

ドラマ「泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ」のDVD-BOXは9月4日発売

最終更新:8/24(土) 20:17
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事