ここから本文です

田中恒成 7回TKO勝ちでWBOフライ級王座V2

8/24(土) 17:18配信

東スポWeb

 ボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチ(24日、愛知・武田テバ・オーシャンアリーナ)で、王者・田中恒成(24=畑中)が同級1位ジョナサン・ゴンサレス(28=プエルトリコ)に7ラウンド2分49秒、TKO勝ちして2度目の防衛に成功した。

 19日の公開練習で予告した通り、甲子園でベスト4に進出した母校・中京学院大中京高(岐阜)がことごとく猛攻をしかけた「魔の7回」にあやかったかのようなKO劇だった。

 7ラウンド開始から右の連打を打ち込み、中盤にボディーで最初のダウンを奪うと、直後に右で2度目のダウン。この後もコーナーに追い詰めてメッタ打ちにし、最後も右をボディーにめり込ませ、このラウンド3度目のダウンを奪った。ゴンサレスもランク1位の意地で立ち上がったが、続行は危険と判断したレフェリーが試合を止めた。

 試合は開始から積極的に挑戦者が手を出したのに対し、田中はサウスポーとの距離感を探るように手数は少なめだった。試合が動いたのは3ラウンド。田中の右ボディーを被弾したゴンサレスは一瞬の間の後にダウン。かなり効いた様子がうかがえた。

 しかし4ラウンドは挑戦者がスピードアップ。終了間際にカウンターからのワンツーでダウンを奪い返した。サウスポー対策が「うまくいかなかった。内容は最悪」とリング上で振り返ったように、田中は距離感をつかみ切れず、6ラウンドまでの採点では4点差をつけたジャッジもいるなど0―2で負けていた。

 フライ級転向後初のKOだが「自分のボクシングは弱かった。もっと強いボクシングをしたい」。この言葉通り、次は相手を圧倒する試合を見せられるか。

最終更新:8/24(土) 17:20
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事