ここから本文です

MAX153キロ! 佐々木は“抑え”で1回無失点

8/24(土) 13:15配信

スポーツ報知

 U―18ワールドカップに出場する高校日本代表は24日、都内で大学生相手の練習試合を行った。MAX163キロの大船渡・佐々木朗希(3年)はダブルヘッダーの第1試合、9回に4番手としてマウンドに上がると、1回を無安打無失点、1四球、1奪三振。最速はDeNAのスピードガンで153キロをマークした。

 7月24日の岩手大会準決勝で完封勝利を挙げて以来、ちょうど1か月ぶりの実戦登板。楽天・後関スカウト部長は「肩肘に問題はなさそう。それだけで十分」。巨人・織田スカウト部主任は「久しぶりの実戦でもフォームバランスがよく、全力投球ではないけど、切れや球威はほれぼれする」と話した。

 チームは左腕・宮城大弥(興南)、右腕・西純矢(創志学園)、左腕・林優樹(近江)から佐々木へとつなぎ、1、2年生を主体とした大学生チームを完封。打っては韮沢雄也(花咲徳栄)、遠藤成(東海大相模)らの活躍で得点を重ね、ダブルヘッダー初戦は5―0で快勝した。

最終更新:8/24(土) 16:19
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/20(金) 2:35

あなたにおすすめの記事