ここから本文です

DeNA・山崎、九回2死から追いつかれ「九回に出て行く人間として締めたかった」

8/24(土) 23:28配信

デイリースポーツ

 「巨人8-6DeNA」(24日、東京ドーム)

 九回に同点に追いつかれたDeNAの守護神・山崎が、責任を一身に背負った。

 連続三振で簡単に2死を取ったが、そこから連続四球で一、二塁。坂本勇は2球で追い込んだが、3球目を左前にはじき返され、同点とされた。「今日は勝ちたかった。チームとしてもそうですし、個人としても九回に出て行く人間として、締めたかった」と言葉を紡いだ。

 自身は3戦連続で失点。サヨナラ敗戦で巨人に優勝マジックが点灯した。21年ぶりの優勝は極めて厳しくなった。それでも「チームとして前向きに戦っていきたい」と話し、球場を後にした。

最終更新:8/24(土) 23:34
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事