ここから本文です

【BSN賞】アイファーイチオーがオープン初勝利 丸山「長くいい脚を使ってくれた」

8/24(土) 17:19配信

スポーツ報知

  8月24日の新潟11R・BSN賞(3歳上オープン、ダート1800メートル=12頭立て)は、8番人気の伏兵、アイファーイチオー(牡5歳、栗東・上村洋行厩舎)がサルサディオーネとのデッドヒートを制してオープン入り後、初勝利を挙げた。勝ち時計は1分50秒7。

 終始、主導権を奪ったサルサディオーネをマークする形で2番手。3コーナーを過ぎると、完全に2頭のマッチレース。最後の最後で際どく鼻差だけ差し切った。このコンビで2戦2勝とした丸山元気騎手は「長くいい脚を使ってくれた。1コーナーで楽に先行させてもらえたのが良かった。(勝ったかどうかは)半信半疑だったけど、池添騎手に『勝っているよ』と言われたので」と笑顔で振り返った。上村洋行調教師も「無理に競らずに2番手で運べた。うまく乗ってくれた」と鞍上の手腕を褒めた。

 同馬は父シニスターミニスター、母アイファーペガサス(父デヒア)という血統。

最終更新:8/25(日) 22:26
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事