ここから本文です

米元小春は左アキレス腱断裂…世界選手権準々決勝で途中棄権

8/24(土) 22:18配信

スポーツ報知

 日本バドミントン協会は24日、世界選手権(スイス・バーゼル)女子ダブルス準々決勝で負傷した米元小春(北都銀行)の診断結果を、左アキレス腱断裂と発表した。帰国次第、精密検査を行って今後の治療方針を検討するという。

 米元は田中志穂とのペアで、今大会8強入り。タカマツ、ナガマツ、フクヒロらと20年東京五輪出場権を争っている。20日付の五輪レースランキングでは、日本勢4番手の15位。

最終更新:9/10(火) 10:48
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事