ここから本文です

【DeNA】山崎が9回2死から同点を許す「勝ちたかった。締めないと」

8/24(土) 23:27配信

スポーツ報知

◆巨人8×―6DeNA(24日・東京D)

 DeNAの山崎康晃投手(26)が9回2死から坂本に同点打を許し3戦連続失点となった。それでもリーグトップ25セーブの守護神に、ラミレス監督は「ベストのコンディションというくらいいい投球をしていた。あと1人、あと1球だった」と右腕への信頼を口にした。

 1点差の9回、連続三振で簡単に2死とした。重信にはカウント2―2から四球。続く代打・阿部にもフルカウントから四球。坂本を2球で追い込みながら、3球目を左前に運ばれた。

 山崎は「今日は勝ちたかった。9回に出て行く人間として締めたかった試合。ネガティブになってもしょうがない。攻めるしかない。最後の最後まで前向きにやっていきたい」と必死に気持ちを切り替えていた。

最終更新:8/25(日) 23:13
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事