ここから本文です

指輪外れず、消防署員“出動”

8/24(土) 15:37配信

ミニ事件簿

 先日午後4時ごろ、別府市消防本部に市内の主婦(59)が「指輪が抜けなくなりました」と困った表情でやって来た。主婦は前日の夜、薬指にはめていたプラチナ製の指輪を外そうとしたところ、抜けなくなったという。最近、以前よりふくよかになったことを気にしていた主婦は「指輪がきつくなったように感じたので、いったん、指輪を外そうと思ったんですが」と。指がはれていたため、無理に外すこともできず、消防署員がリングカッターを使って指輪を切った。「昔はぴったりだった指輪や服が、今では厳しくなった…という話は多い。大切な指輪や服をいつまでも着ていくために、わたしも体形を維持しなければなあ」と、署員も人ごとではない様子。(2000年7月11日掲載)

大分合同新聞社

最終更新:8/24(土) 15:37
ミニ事件簿

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事