ここから本文です

10月に消費税10%に 「駆け込み派」それとも「様子見派」 お店も大変、その影響は

8/24(土) 9:01配信

中京テレビNEWS

 10月には、消費税が8%から10%に。増税前の駆け込み需要を狙った商戦もスタート。みなさんは駆け込み派ですか?様子見派ですか?

 街の人に聞いてみると…。

「(来年春の)幼稚園の入園前のものを今ごっそり買いそろえたりとか。大きい買い物と子どもの絶対に必要なものは絶対に買っておいた方が良いと思いますね」(駆け込み派・女性)
「テレビと冷蔵庫を買いました。あと洗濯機か」(駆け込み派・男性)

 中にはこんな人も…。

「家を建てています。7月1日に契約したと思う。3000万円ちょっとぐらいですね」(駆け込み派・男性)

 増税される10月を飛び越して、あるものを購入したという人も…。

「(増税の話を)店員さんに言われて、なるほどと思って。ダウンを買いました。冬に向けて今のうちに買っておこうと思って。16万円ぐらいだったと思いますね」(駆け込み派・男性)

 名古屋市中村区にある「ジェイアール名古屋タカシマヤ」では、増税前の駆け込み需要を狙って早くも冬物のダウンコートの販売を開始していました。

「前年から約2倍の仕入れを行い、(例年のこの時期の)約3倍売り上げています」(婦人服部セクションチーフ 本江文香さん)

 こちらの百貨店では、9月に入ってからさらなる駆け込み需要があると予想しています。

 駆け込み需要は、増えているのでしょうか?

Q.(増税前に)大きな買いものは?
「そんなことしない。ないもん、カネ」(様子見派・女性)
「そういう予定もないので、(増税を)そんなに気にしない」(様子見派・男性)
「娘らが部屋を使うようになったら、エアコンを買う計画だったので、計画が優先で消費税が上がるか、上がらないかは、特に考えていない」(様子見派・男性)

増税前の無理な駆け込みは必要なし

 実際に専門家は、増税前に無理に駆け込む必要はないと指摘します。

「今回増税後にキャッシュレス決済によるポイント還元がありますし、さらにプレミアム付き商品券も発行される。住宅ローン、自動車税の減税も行われるということで、増税後に購入するケースとほとんど変わらないケースもある」(中京大学経済学部 内田俊宏客員教授)

 増税の引き上げ幅が、前回の3%より2%と低く、5年前の増税の時より駆け込み需要が限定的となっているのではといいます。

1/2ページ

最終更新:9/4(水) 18:03
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事