ここから本文です

「あっち向いてホイの結果、永瀬叡王の先手番…」これぞイベント対局 将棋まつりならではの趣向にファン大満足

8/24(土) 8:01配信

AbemaTIMES

 多くのファンが詰めかけた、8月16日の京急将棋まつりの会場で、耳慣れない言葉が響いた。「あっち向いてほいの結果、永瀬叡王の先手番に決まりました」。永瀬拓矢叡王(26)と佐々木勇気七段(25)による席上対局が行われる直前のひとことで、ファンからは大きな笑いが巻き起こった。ここ数年の将棋人気で、関連イベントにもより多くのファンが詰めかけるようになったが、こんな企画があるのもうれしいところだ。

【映像】あっち向いてホイも飛び出した京急将棋まつり

 席上対局は、京急将棋まつりの中でもメインコーナーとも言えるもの。この日は永瀬叡王、佐々木七段という同世代のライバル対決となったが、対局前から親交のある2人ということもあって、軽快なトークで盛り上がっていた。その後、先手・後手を決める時間になったのだが、会場にいた中村修九段(56)から発表された内容は、通常の振り駒ではなく、なんと「あっち向いてホイ」。そもそも、対局前にじゃんけんをすることすら珍しい中、その上を行く「あっち向いてホイ」という決め方に、早速ひと盛り上がりした。

 前代未聞とも思われる決め方について、両者の反応はこうだ。

永瀬叡王 初めてですね。じゃんけんは弱い自信がありますが(笑)

佐々木七段 (じゃんけんも)やったことないですね。

永瀬叡王 あっち向いてホイは、4通り(上下左右)でいいんですかね?

 まさかの細かいルール確認までするあたりが、さすが勝負師と言ったところか。結果は、1発目に永瀬叡王がチョキ、佐々木七段がパーで、永瀬叡王が攻撃権を得ると、真っ直ぐに上向きに伸ばした人差し指につられるように、佐々木七段も上向きに。あっさりと勝負がついた。

 ここまででもレアなシーンが見られたとファンは満足していたが、一連の流れを締めたのが、先述の「あっち向いてほいの結果、永瀬叡王の先手番に決まりました」というアナウンスだ。当然、日頃聞いているのは「振り駒の結果…」というフレーズ。この面白みがある違和感に、大きな笑いが起こった。

 対局の結果は、あっち向いてホイが影響したかどうかは不明だが、永瀬叡王が勝利。初タイトルを獲得した今年度の充実ぶりを、ここでも見せた。果たして、佐々木七段が対局だけでなく、あっち向いてホイでもリベンジを果たせる時は訪れるのか。

最終更新:8/24(土) 8:01
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事