ここから本文です

PAC(ネヴィル)からデビュー最短記録で王座を奪取したBen-KがYAMATO相手に王座防衛!

8/24(土) 23:01配信

バトル・ニュース

 24日、大田区総合体育館にてDRAGON GATE『DANGEROUS GATE 2019』が開催。メインイベントでは、Ben-Kの持つ『オープン・ザ・ドリームゲート王座』にYAMATOが挑戦した。

 先月の神戸ワールド記念ホール大会で、WWEからDRAGON GATEに帰ってきたPAC(ネヴィル)からデビュー最短記録でドリームゲートを奪取したBen-K。
 試合序盤はYAMATOがBen-Kの攻撃を受け切る場面が目立ち、YAMATOも「こんなもんか!」と挑発。
 しかしYAMATOのラリアットを避けて担いだBen-KがBen-Kドロップで場外に投げ捨てると、間髪入れずにトペを発射。カウント19でリングに戻ったYAMATOにスピアーやBen-Kクラッシュを叩き込んでいくも、YAMATOもスリーパーからの逆打ちで反撃。しかしエルボー合戦で打ち勝ったBen-Kが胴締めスリーパーからBen-Kボムを叩き込み3カウントを奪った。

 見事防衛に成功したBen-Kは「あのPACからドリームのベルトを取って、今日YAMATOぶっ倒したぞ!ドリームゲート初の防衛戦、そんなに楽なもんじゃなかったな!YAMATOの目が本気だったから、俺も本気でぶっ倒しに行ったんだ!ありがとうYAMATO!俺はこのドリームのベルト、世界のPACから、そして今日、YAMATO相手に防衛したんだ。現世代、同世代も一緒だ。それから、ベテランもそうだ、チャンピオンとして、俺の影に一歩も触れさせねぇからな。このベルトは絶対に渡さねーかんな!ドリームゲートチャンピオンの魂の叫びを聞いてくれ!大田区!これからチャンピオンとして身体張っていくからな!俺が~Ben-Kじゃあ!」と絶叫しベルトを掲げた。

最終更新:8/24(土) 23:01
バトル・ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事