ここから本文です

どんなにきれいに化粧してようと、俺は18歳の男より60のババァの方が全然好きだから

8/24(土) 7:01配信

LEON.JP

平成のご意見番として炎上を恐れぬ本音コメントが人気の梅沢富美男さん。プレイボーイを自認する梅沢さんは今どきのオトコたちの恋愛作法にも一家言あるようで……。梅沢流の粋な男の遊び方をズバズバ語っていただきます。

今回は男のカッコ良さについて話そうか。といってもコイツ、カッコいいなぁとか、俺は思っても言わないけどね。基本、人は褒めない。人を褒めたら負けたことになるから。だから心に思ってても口には絶対出さない。

そんななかで、唯一、ジュリーだけはカッコいいと公言しきた。若い時は俺たちみんなの憧れだったからね。今だって痩せたら、あの顔はシブいいい顔になると思うよ。

その点、俺は自分が二枚目じゃないことはわかってます。役者としたら不細工なんだろうね。だって昔、わざわざ松竹の大船撮影所に映画のオーディションを受けに行って一発で落とされたからな。お前みたいな目が小さいヤツはいらないって。それで映画俳優、諦めたんだから。

クレオパトラじゃないけど、もし俺がぱっちり二重のイケメンだったら……。オーディションに一発合格して映画スターの道を邁進してたと思うよ。

でもすげ~嫌なヤツになってたと思う(笑)。性格は変わんないから(笑)。バラエティにも出ないで「自分は役者ですから」とか言って、テレビに番宣で出ても面白いトークの一つもしなかっただろうな。だから今、不細工に生まれたのは神様に感謝だと思ってる。顔だけじゃなく、トークや芝居や踊りを磨こうと思えたからね

女のきれいってのは形じゃなくて立ち居振る舞いの美しさ

でも、そんな俺が化粧したら日本一きれいな女形になるんだよ。それは凄いだろう? 顔に自信がないからコンプレックスをバネにしたって? 失礼なこと言ってんじゃないよ(笑)。俺は凝り性なの。だから、化粧術はめちゃめちゃ研究したからね。誰にも負けないと思うよ。

最初は25歳ぐらいだったかな。ひょんなことから女形をやるようになったんだけど、初めは正直言って、女形なんて気持ち悪いとさえ思ってたし、どうしたらいいのかまったく分からなかった。それが兄貴から「お前は女好きなんだから、女を見ればいいだろう」って言われたんだ。

確かに周りには花柳界のお姉さま方がいっぱいいたし、お手本には事欠かなかったよ。それでわかったのは女のきれいってのは形じゃなくて立ち居振る舞いの美しさだってこと。色っぽい仕草だったり、恥じらう目線とかね。だから俺は、ただただ、そういう物腰の美しい人を真似して演じてきただけ。気持ちが女になってるわけじゃない。舞台から客席を見回して“俺が一番キレイだな”とは思ってるけどね。

1/2ページ

最終更新:8/24(土) 7:01
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事