ここから本文です

カマタマーレ讃岐の竹内彬選手 脳性まひの少年を慰問 香川・善通寺市

8/24(土) 18:08配信

KSB瀬戸内海放送

 カマタマーレ讃岐の選手が、脳性まひで入院している男の子のもとを訪れ、ユニフォームなどをプレゼントしました。

 善通寺市内の病院に入院する寺岡大希くん(11)のもとを訪れたのは、カマタマーレのキャプテン竹内彬選手です。

(竹内 彬 主将)
「試合に勝てるように頑張ります。これからも応援してください。よろしくね、いつもありがとう」

 24日は、カマタマーレの選手全員分のサインが入ったユニフォームとフラッグをプレゼントしました。
 カマタマーレは、サポーターである大希君の両親の友人を通じて3年前から試合球を贈っていました。大希君のもとを訪れてプレゼントを渡すのは今回が初めてです。

(大希君の父 寺岡和彦さん)
「素直にうれしいです。彼も僕らと一緒に戦ってくれている、一生懸命応援をしてるという形ができたのかな」

最終更新:8/26(月) 10:54
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事