ここから本文です

<知事選>大野氏、青島氏の激しい競り合い続く 25日投開票、低調だった投票率にも注目

8/24(土) 8:10配信

埼玉新聞

 任期満了に伴う埼玉県知事選は25日、投開票される。立候補しているのは立憲民主党など野党4党の県組織が支援する前参院議員の大野元裕氏(55)、元高校教諭の武田信弘氏(65)、NHKから国民を守る党公認で医師の浜田聡氏(42)、元会社員の桜井志津江氏(63)、自民、公明両党が推薦するスポーツライターの青島健太氏(61)の新人5氏。浜田氏以外の4氏は無所属。選挙戦は事実上、大野、青島両氏による与野党対決、一騎打ちの構図で、激しい競り合いが続いている。両氏陣営は最終日の24日、JR大宮駅などで最後の訴えをする。

<知事選>埼玉県民には…投票に行かせておけ!! 「翔んで埼玉」で選管がPR 動画配信も

■継承か、転換か

 4期16年知事を務めた現職の上田清司氏が退任することで、2003年の知事選以来となる新人同士の争い。大野氏は上田県政の継承、発展を掲げる一方、青島氏は転換を訴えている。直近の3回はいずれも20%台と低調だった投票率も注目される。

 大野氏は野党4党と上田氏の全面支援を受け、「上田県政が県民のための政治をしてきた16年間の針を戻してはならない」と強調。9年間の参院議員経験に基づく政策力をアピールし、少子高齢化対策や産業育成、医療・介護・子育て支援の充実、交通網の整備促進などの政策を打ち出し、訴えている。陣営は「最後は追い付き、追い越せると信じ、気持ちが一つになっている」と力を込める。

 元プロ野球選手の青島氏は「県政をダイナミックに変える。子どもたちの明るい将来を最優先で考える」と訴え、スポーツ、芸術、エンターテインメントの振興、インフラ整備を含めた「強靭(きょうじん)な県土づくり」をアピール。菅義偉官房長官、自民の二階俊博幹事長ら政権幹部らが相次ぎ来援し、テコ入れを図っている。陣営は「接戦だ。最後の最後まで全力で戦う」と必勝を誓う。

 浜田氏は、受信料を払う人だけが放送を視聴できるようにするNHKのスクランブル化の実現と子宮頚(けい)がんワクチン接種の推奨、武田氏は予算執行の透明化、桜井氏は道路整備の必要性を主張している。

最終更新:8/25(日) 0:43
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事