ここから本文です

80歳でも加入できる死亡保険?シニア向け保険は本当に「終活」に向いているの?

8/24(土) 18:50配信

ファイナンシャルフィールド

新聞の広告や折込チラシなどで「〇〇歳まで申し込める死亡保険」といったシニア向け保険商品を見かけます。

会社や商品によって異なりますが、80~89歳といった高齢でも新規に申し込みできるものもあります……。

一段と延びた日本人の平均寿命

「人生100年時代」がすっかり流行語となった昨今です。日本人の平均寿命は一段と延びて、男性81.25歳、女性87.32歳(厚生労働省 2019年7月30日公表、末尾※参照)です。

しかもこれは、正確には現在0歳の人の平均余命。同時に発表されている平均余命表を見ると、例えば60歳での数値は、男性23.84年(60歳に足すと83.84歳)、女性29.04年(同89.04歳)、65歳では、男性19.70年(65歳に足すと84.70歳)、女性24.50年(同89.50歳)なのです。

身の回りにあふれている保険

保険は身の回りにあふれています。自動車保険、火災・地震保険、旅行保険、傷害保険、医療保険、介護保険、年金保険などなど。そして、本人の死亡に備えたものが死亡(生命)保険です。

このうち、定期保険(一定の期間は数千万円規模の保障をしてくれる)や収入保障保険は、万が一の時に残された家族の生活支援などが主な目的です。また、一生涯の保障が続く終身保険は、若いときに加入して長期的に貯蓄をするようなイメージもあります。

葬儀費用は、どのくらい?

シニア向け保険について、いくつか具体的な資料を見て印象に残ったのが商品名。「終活保険」とか「葬儀保険」と表示されるものがあったのです。シニア層にはよりイメージが明確かもしれません。では、葬儀にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

『第11回「葬儀についてのアンケート調査」報告書』(一般財団法人日本消費者協会 2017年1月刊行)によれば、葬儀費用の全国平均は【195.7万円】。多くに引用される数値で、葬儀一式費用(全国平均121.4万円)に寺院への費用、通夜からの飲食接待費用を加えたものです。




こうした支出は、香典があれば一部は補填されます。また昨今では、家族葬として少人数で執り行うなど、形式や費用の簡素化の流れも徐々に広がっています。それでも、葬儀には一定のおカネが必要です。

1/2ページ

最終更新:8/24(土) 18:50
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事