ここから本文です

セリエやプレミアから声が掛かるジョレンテ 移籍先最有力は!?

8/24(土) 17:51配信

SPORT.es

スウォンジー、トッテナムを渡り歩いた後、無所属となっているフェルナンド・ジョレンテはセリエAやプレミアリーグのクラブから熱視線が注がれている。35歳のスペイン人ストライカーは、今夏のマーケットの注目選手の1人となっている。

バレンシアの“シルバ二世”が負傷離脱 クラブは代役となる3選手に期待

ジョレンテに公に関心を示しているインテル・ミラノに加え、セリエAの上位3クラブも彼の獲得レースに加わっている。イタリアの首都の2チーム、ローマとラツィオ、そして最後にカルロ・アンチェロッティ率いるナポリである。

本紙が入手した情報によると、ナポリは現在、ジョレンテの獲得レースにおいてポールポジションに立っているという。

市場閉幕までまだ数日残る現在、あらゆる事が起こり得る。インテルはアレクシス・サンチェスの獲得を望みながらもジョレンテのオプションを捨てていない。

多くのイタリアのクラブがジョレンテに関心を示しているのには複数の理由がある。まず彼がフリーの選手であるという事だ。それは彼との契約交渉を容易なものとする。
そして、2つ目は彼が2013年から2015年にかけてユヴェントスに所属していた事からセリエAへの順応は保証済みのためである。

しかし、ジョレンテへの関心はセリエAからだけではない。プレミアリーグの複数チームも彼の状況について問い合わせを行っている。
プレミアの移籍市場は8月8日に閉幕しているが、ジョレンテは無所属のため獲得が可能となるからだ。

SPORT

最終更新:8/24(土) 17:51
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事