ここから本文です

更衣室なく裸の子も…「じゃぶじゃぶ池」で幼児の盗撮狙った不審者、公園側は注意呼びかけ

8/24(土) 9:51配信

弁護士ドットコム

今年の夏も、子どもたちに「じゃぶじゃぶ池」が人気です。「じゃぶじゃぶ池」とは、公共の公園内にある、主に未就学児から小学校低学年用の水遊び場。水深が浅く、プールよりも手軽に利用できることから、毎年、全国各地で多くの親子連れが訪れています。

一方、Twitterで8月10日、あるユーザーからこんな注意を呼びかける投稿がありました。「今日は練馬区のじゃぶじゃぶ池にいたのですが、石神井署の刑事さん2人に話しかけられて『ここ最近、茂みに身を潜めて子どもの着替えをスマホで隠し撮りしている者がいるとの通報を受け、いま注意喚起をしている』との旨を伝えられました。みんな気をつけてね~!!」

実は、じゃぶじゃぶ池などの水遊び場は、有料プールと違い、公園内にあって誰でも近くで見ることができ、更衣室もないことから、子どもの着替えや水着姿を狙った不審者が後を絶ちません。管理する公園側でも、「危険を感じたら監視員などに通報してほしい」と話しています。

●明らかに保護者ではない中年男性がスマホを持ってウロウロ…

関東地方の会社員女性(40代)は、今年のお盆休み中に近所の公園を訪れ、じゃぶじゃぶ池で小学校低学年の娘を遊ばせていました。しかし、池のまわりに明らかに保護者ではない中年男性が、子どもたちをずっと見ています。たまにスマホもいじっていることから、怪しいと思い、ママ友と一緒に声をかけようとしたところ、逃げるように男性は去っていったそうです。

「盗撮されていたわけではないと思いますが、中には上半身裸の小さい子もいて、ずっと見られているのが怖かったです。娘は水着でしたが、あわてて長袖のラッシュガードを着せました」と女性は話します。

こうしたじゃぶじゃぶ池などの水遊び場周辺に出没する不審者情報は、ネット上で頻繁に報告されています。過去には、不審者が逮捕される事件が度々、起きています。2014年8月には、神奈川県小田原市の少年(当時19歳)が、複数の公園の水遊び場で、着替えをしていた女児6人をスマホで撮影、保存していたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反で書類送検されています。

●「盗撮のおそれ、子どもの着替えに注意して」と呼びかける公園

不審者による盗撮やのぞきを防ぐためには、「子どもを裸で遊ばせない」「着替えの際にはタオルなどで遮る」「水着の露出を控えめにして、ラッシュガードなどを着せる」といった自衛策が必要な一方、公園を管理する側でも、注意を呼びかけています。

東京都北区では、ホームページで「水遊びができる公園」として、じゃぶじゃぶ池や水遊び場を備えた公園のリストを公開しています。その中には、「施設の周りで盗撮被害のおそれがあります。子どもの着替えなどは注意してください」と明記しています。また他にも、東京都武蔵野市にある井の頭自然文化園では、じゃぶじゃぶ池での禁止事項として「ご家族以外の写真撮影など、他の利用者の迷惑となる行為は禁止です」とし、周辺での撮影行為に注意を呼びかけています。

8月18日には、都内のある公園について、こんなツイートもありました。「じゃぶじゃぶ池、以前はいなかった監視員さんが見回ってくれてる」。ユーザーは、監視員がおむつだけの子には上下を着るよう促してくれていたとして、感謝していました。

この公園を管理する東京都公園協会に弁護士ドットコムニュースが取材したところ、「どこの都立公園でもじゃぶじゃぶ池などに監視員を置いています。安全のために使っていただくためで、特に不審者対策に特化しているわけではありませんが、不審な行動の方がいたら、お声がけはしています。もしも、危険を感じたら、監視員やサービスセンターに通報していただければ」と話しています。

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:8/24(土) 9:51
弁護士ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事