ここから本文です

『これは経費で落ちません!』多部未華子の涙に反響「キュンとした」

8/24(土) 12:27配信

クランクイン!

 女優の多部未華子が主演を務めるドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK総合/毎週金曜22時)の第5話が23日に放送され、多部未華子の涙の演技に「キュンとした」「表情が自然すぎて上手い」と反響が寄せられている。

【写真】森若さん・多部未華子が弱さを見せた 『これは経費で落ちません!』第5話フォトギャラリー


 本作は、石けんメーカーの経理部に勤めるアラサー独身女子・森若沙名子(多部)と、彼女が見つけるワケありの人間模様をコミカルに描くオフィスドラマ。

 第5話では、勇さんこと、経理部の先輩・田倉(平山浩行)が、静岡工場勤務で単身赴任している熊井(山中崇)の経理処理を代わりにやっていることが分かる。不審に思った森若は、熊井の過去の経理データを調べたところ、仮払い金の申請が立て続けに行われる一方で、精算が後回しになっている事実を発見する。

 真相を突き止めるため静岡工場へ出張した森若は、熊井によってデータの改ざんが行われていたこと、熊井の娘が病気で入院しており、金が必要だったことを同時に知る。「あいつには金が必要だったんだよ」と弁解する田倉に対し森若は「勇さんが熊井さんを止めるべきだったんです!」と突き返し、改めるように諭す。予想以上の重いストーリー展開に「これは不正を見抜いてもメンタルやられる」「重いエピソードだ。。。これは。」など、森若や熊井に同情する声が続出した。

 出張から戻った森若は、自分の行動を思い返し悩んでいた。「私は正しいことをした……でも正しいから偉いわけじゃない」自問自答の言葉が頭から離れず、ついには「あああ……もうだめだ~」と涙を流してしまう。そんな姿に「ああああ~森若さんが泣いてるよ~(動揺)」「いつもきっちり仕事やり遂げる森若さんかっこいいけど、本人は傷ついて悩むことあるんだなぁ…」と驚きの声のほか、「涙を流す顔のアップ永遠に見てられるな…キュンとした」「涙出る瞬間の表情自然すぎ」とその演技に対する称賛の声も寄せられた。

最終更新:8/24(土) 12:27
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事