ここから本文です

オーストラリアがアメリカの国際試合連勝を78でストップ! パティ・ミルズが30得点!

8/24(土) 19:49配信

バスケットボールキング

「驚くようなことじゃない」と返答したポポヴィッチHC、今後の調整に期待

 一方のアメリカ代表では、ケンバ・ウォーカー(ボストン・セルティックス)が22得点、ハリソン・バーンズ(サクラメント・キングス)が20得点6リバウンド、ドノバン・ミッチェル(ジャズ)が12得点を挙げるも、11アシストに対してターンオーバーは10と苦戦。アメリカ代表はオーストラリアのディフェンスを崩し切ることができず、W杯本戦を前に厳しい結果を突き付けられたと言っていいだろう。

「相手はすばらしいチームで、彼らは長い間ずっと一緒にプレーしてきた。すばらしいバスケットボールをプレーしていた」とバーンズが語れば、ケンバは「今日の彼らは僕ら以上に勝ちたいという思いが強かった。僕らとの試合(エキシビジョンゲーム第1戦)から学んだんだと思う」と相手チームを称えていた。

 もっとも、ポポヴィッチHCはこの結果について「別に驚くようなことじゃない。新しいグループになった中で、このような結果をどこか期待している部分があった。それは新たにお互いのことを学ぼうとすることであり、システムを学ぶためにトライしているからこそ起こるもの」とコメント。

 それでも、「オージーズ(オーストラリア代表の別称)は我々にすばらしいレッスンを与えてくれたよ。このような競い合いの中で、どうやってプレーしなければならないか、そして我々がどの位置まで進むべきなのかを教えてくれたと思っている」と好意的に受け止めているような印象を抱かせている。

 アメリカ代表はオーストラリアのメルボルンからシドニーへ移動し、29日(同28日)まで滞在予定となっている。その中で、トレーニングを行いつつ、27日(同26日)にはカナダ代表とのエキシビジョンゲームに臨む。

 22日(同21日)に『EUROHOOPS.NET』へ掲載されたW杯出場国のパワーランキングで、FIBAランキング1位のアメリカ代表は2位、同4位のセルビア代表がトップ評価を得ているように、今月末から中国で開幕するW杯は、アメリカ代表にとって厳しい戦いをしいられることが予想される。

 本戦までの約1週間で、アメリカ代表がどのような調整をしていくのかは、とても興味深いところだ。

BASKETBALL KING

2/2ページ

最終更新:8/24(土) 20:46
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事