ここから本文です

ロッテ6年ぶり鷹に勝ち越し、西武貯金最多「6」、オリ山岡10勝…23日のパ・リーグは?

8/24(土) 7:40配信

Full-Count

ソフトバンクは千賀が8回途中3失点の力投も打線の援護なく6敗目、マジック点灯はお預け

 プロ野球のパ・リーグは23日、3試合が行われ西武、ロッテ、オリックスの3球団が勝利。首位ソフトバンクと2位西武のゲーム差は「4.5」に縮まった。ロッテは6年ぶりにソフトバンク戦の勝ち越しを決めた。

【写真集】広瀬すず似の美女も…福岡ドームを彩る球場の華、総勢33人の売り子美女ギャラリー

 ロッテは本拠地ZOZOマリンでのソフトバンク戦を3-0で勝利し連敗を2でストップ。2回にレアードの犠飛で先制すると8回には井上の21号2ランで試合を決めた。投げては先発のボルシンガーが7回3安打無失点の好投で4勝目。ロッテは6年ぶりにホークス戦の勝ち越しを決めた。ソフトバンクは先発の千賀が7回1/3、6安打3失点の力投を見せたが打線の援護なく6敗目を喫し、チームのマジック点灯はお預けとなった。

 西武は本拠地メットライフドームでの楽天戦を8-6で勝利し貯金を今季最多の「6」とした。同点の4回に木村の9号2ラン、秋山の17号ソロで3点を奪い勝ち越しに成功。1点差に詰め寄られた7回には森の右前適時打で追加点を奪った。投げては5回途中から2番手で登板した野田が2イニングを無安打無失点の好投で今季初勝利。楽天は7回の浅村のフェンス際での打球を巡り平石監督が猛抗議に出る場面もあったが試合の流れを変えることができず連勝は2でストップした。

 オリックスは本拠地・京セラドームでの日本ハム戦を6-4で勝利した。同点の6回に西浦のタイムリー二塁打で勝ち越すと7回には吉田正の22号2ラン、ロメロの16号ソロでリードを広げた。投げては先発の山岡が6回2失点の力投で自身初の2桁勝利となる10勝目。日本ハムは相手を上回る13安打を放ったがあと一本が出なかった。

→1 ソフトバンク 117試合64勝49敗4分 -
→2 西武 115試合60勝54敗1分 4.5
→3 楽天 115試合56勝55敗4分 2.5
↑4 ロッテ 116試合55勝58敗3分 2.0
↓5 日本ハム 116試合54勝57敗5分 0.0
→6 オリックス 115試合53勝57敗5分 0.5

Full-Count編集部

最終更新:8/24(土) 7:40
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事