ここから本文です

レアル18歳FWロドリゴ、「久保の足跡をたどる」可能性が浮上

8/24(土) 13:39配信

ゲキサカ

 レアル・マドリーはMF久保建英に続き、U-20ブラジル代表FWロドリゴ・ ゴエスも期限付き移籍で武者修行させる可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 “ネイマール2世”との呼び声も高いロドリゴは複数クラブによる競合の末、今夏からレアルに加入した。同じ2001年生まれの久保とともにプレシーズン中はトップチームに帯同し、7月20日のバイエルン戦(1-3)で直接FKを決めるなど好パフォーマンスを披露。現在は右足大腿直筋の負傷で離脱している。

 ロドリゴは今季、Bチームのカスティージャ(スペイン3部)でプレーしながら、3枠あるEU圏外選手枠の残り1つを久保らと争うと見られていたが、その久保は22日にマジョルカへの期限付き移籍が決定。だが、ここへ来てロドリゴにもレンタル移籍の可能性が浮上しているという。

 レアルは今季のさらなる新戦力として、パリSGのブラジル代表FWネイマールの獲得を目指している模様。実現した場合、DFエデル・ミリトン、FWビニシウス・ジュニオールに続く最後のEU圏外枠をブラジル代表エースに与えるため、「ロドリゴは久保の足跡をたどり、移籍することになるかもしれない」と同紙は伝えている。

最終更新:8/24(土) 13:42
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事