ここから本文です

超攻撃と堅守の激突…ルーキー渡辺がJ初得点の首位FC東京、札幌の好調ジェイに決められドロー

8/24(土) 15:01配信

ゲキサカ

[8.24 J1第24節 札幌 1-1 FC東京 札幌ド]

 J1第24節が24日に行われ、首位FC東京は敵地で6位北海道コンサドーレ札幌と対戦し、1-1で引き分けた。前半38分にDF渡辺剛のJリーグ初得点で先制したが、後半2分に札幌のFWジェイに同点ゴールを献上。前日に2位鹿島もドローに終わっていたため、勝ち点差は4のままとなった。

 前節の清水戦(8-0)でクラブ最多得点を更新するなど、ここまでリーグ2位の総得点39と高い攻撃力を誇る札幌に対し、首位FC東京は前節までの23試合でリーグ最少の17失点。それぞれ攻撃と守備を持ち味とする両チームの一戦は、アウェーのFC東京が先にスコアを動かした。

 前半38分にPA手前右でFKのチャンスを迎え、キッカーを務めるMF東慶悟が右足でクロスを供給。大外から入ってきた渡辺が高いジャンプから頭でゴール右に叩き込んだ。中央大から今季加入した渡辺にとっては、これがJリーグ初得点となった。

 ホームの札幌は0-1で前半を終了。しかし、前節ハットトリックのジェイがハーフタイム明け早々にラッキーな形でネットを揺らす。後半2分、カウンターから左サイドのMF菅大輝が横パスを出し、PA内中央に走り込んだMF鈴木武蔵が右足でシュート。その前にいたジェイに当たってコースが変わり、GK林彰洋の逆を突いてゴールに吸い込まれる。記録はジェイの得点。イングランド人ストライカーは2試合連続弾で今季7ゴール目とした。

 試合はそのまま動かず、1-1でタイムアップ。札幌は3戦無敗(1勝2分)、FC東京は2戦勝ちなし(1分1敗)となった。次節は札幌が神戸と、FC東京が名古屋とそれぞれ敵地で対決する。

最終更新:8/24(土) 15:04
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事